スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
混合ダブルス
こんばんは、ささにしきです。

バレンタインも無事?終わりましたね。
え?何が無事かって?
あはは、まあ、深い事は気にしないってことで。

そもそもバレンタインデーはどういった日なのかご存知ですか?
決して女の人が男の人にチョコレートをあげる日ではないのですよ。

ではでは、本日の無駄知識の時間です!



バレンタインデーとは、英語では「Saint Valentine’s Day」と書きます。直訳せば「聖バレンタインの日」という意味ですね。実はバレンタインというのは、人の名前だったのです。さてさて、ではバレンタインとはどんな人だったかというと・・・。

西暦3世紀頃ローマにキリスト教の司教バレンチノ(バレンタイン)という人がいました。バレンチノが生きていた頃はローマではまだまだ新興宗教だったキリスト教は迫害されていたのですね。そんな中で時の皇帝クラウディウス2世は、若者に結婚を禁じたのです。それは結婚すれば奥さんや家族と別れ難くなったり、戦争に出ても気がかりになることで兵士の士気が落ちるという考えからだったのですね。酷い話があったものです。
バレンチノ司教はそのような若者たちを憐れに思い、内密に結婚をさせていたのですが、そのことが皇帝の知るところとなってしまいました。バレンチノ司祭はキリスト教からローマの宗教に改宗するようにとの要請も拒否し、とうとう逮捕、投獄されてしまいます。その時彼を取り調べたアステリオという判事には目の見えない娘がいました。この娘とバレンチノは密かに心を通じ合わせるようになたそうです。
(余談ですが、彼の祈りのおかげで娘は目が見えるようになり、アステリオは一家そろってキリスト教に改宗してしまったそうです。)
時の政策に違反した行為のためにバレンチノは西暦270年、2月14日に処刑されてしまいました。バレンチノは死ぬ前に「あなたのバレンチノより」と署名した手紙をアステリオの娘に残したそうです。これがバレンタインカードの始まりとされ、今でも欧米の人はバレンタインカードに「From Your Valentine(あなたのバレンタインより)」や「To Be My Valentine(私のバレンタインになって)」などと書くそうです。


さて、バレンタインさんがどんな人かというのは分かったと思います。では何故2月14日が「聖バレンタインの日」になったのでしょうか?

ローマでは2月15日に豊饒の神の祭り「ルペルカーリア」というものがありました。これは祭りの前日の2月14日に女性が自分の名前を書いたくじを用意し、翌日の祭り当日、男性が順にくじをひいてゆき、あたった者同士が祭りの間、或いはその後しばらく恋人同士になるという縁結びの祭りだったのです。楽しげな祭りですね。
バレンチノ司教の死後、ローマではキリスト教が勢力を増し、496年になって、若者たちの風紀の乱れを憂えた当時の教皇ゲラシウス一世は、ルペルカーリア祭を禁じました。その代わりに、違った方法のくじ引きを始めたのです。200年前の丁度お祭りと同じ頃の2月14日に殉教したバレンチノ司祭の記念日をこの日と定め、くじに女性の名前ではなく聖人の名前を書き、当たった人は一年間心の中で聖人に仕える、といった祭りに変えてしまったということです。それが時代とともに変遷し、恋人たちの愛を成就させようとしたバレンチノ司祭の行いや、ルペルカーリア祭りの縁結びの意味などが結びつき、2月14日は恋人たちの記念日として定着していったのです。


恋人たちのお祭りにもなかなか深いお話があったのですね。では、何故、バレンタインにチョコレートを贈るのでしょうか?
決して第二次大戦後の日本人の子どもが米兵さんに「ギブミーチョコレート」と言ったからではありませんよ。

ご存知の人が多いとは思いますが、女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣であります。欧米では、先ほどの話にあった通り、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈るのです。
そもそもチョコレートはどこから出てきたかというと、1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりだそうです。
そして、今ではチョコレートといえばバレンタイン・デーの象徴のようになってしまいました。クリスマスもそうですが、キリスト教というものになじみの薄い日本では、その本来の意味が伝えられないまま、業者のセールスに利用されがちのようですね。さすがというか、なんというか。無宗教国家の強みでしょうか・・・。


来年のバレンタインデーには、自分の命をも顧みずにキリスト教の精神を伝えることを実践した、バレンチノ司祭のことも少しでも思い出してあげるとグッドではないかと思います。

ではでは、本日はこのへんで。
スポンサーサイト
【2005/02/15】  この記事のURL | 無駄知識 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<三年待って | メイン | 私は負けない!!>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://sasanishiki.blog2.fc2.com/tb.php/45-f5da90af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。