対決!ヤミOH
こんばんは、ささにしきです。


いやいや、決勝トーナメントも一回戦が終わりましたね!
ほとんどが順当に勝ち上がっているって感じですねー。
スイスだけがちょっと予想外でしたけど。
同グループから決勝に行ったオーストラリアもすごい善戦しましたね。
次からこのチームがアジアに組み込まれると思うと、楽観はできませんねー。
日本も頑張らにゃですな!!



さて、火曜日。
某Kさん主催の裏活動に参加してきましたよ。
思えば某KさんがAF2を取得するために開催されたこの裏活動。
気が付けば裏ザルカバードにまで到達しちゃったのですね・・・。
大したものです。

てことでこのLSでは初の裏ザルカですよ!



まぁ、初とはいっても、メンバーの大半は「フライデーザルカバード」の経験者なので、みんながみんな初めてってわけではないんですけどね。他の裏LSに比べればはるかに少人数。ガチで延長取ったり、デモソの大群を相手にするのは無理があります。が、「Fザルカ」で培った囮と抜きの技術で人数の差をカバー。見事なまでに順調に延長を取っていきますよ。12人以下で砦の殆どを余裕を持って落とした経験はオソルベシですね。

で、気が付けば・・・




全部の砦を落としていました(笑


最終防衛ラインの目玉の壁も多少の事故はあったものの見事に突破!
延長もガッツリ奪い、ドラゴン防衛網を前に約45分の余裕を持たせるということに成功。本当に初めてなのか!!て感じですね。
メインの裏LSでも手こずっていたザルカをこうも見事に攻略するとは・・。





ドラゴン防衛網は段差を利用しての戦闘。
ボディプレスがやはりダメージでかいですね。
何人かの転がりを出しつつもなんやかんやでインヤンまで。







この陰竜、陽竜はほぼ同時(10秒の猶予?)に倒さないとすぐに再POPしてしまうという特性があって、同時に倒さないと裏ボスである裏闇王が沸かないといういやらしい仕様なのです。
なのである程度まで削ったら最後のとどめは黒魔道士の~ガ系で一気に倒す必要があります。
人数多くてもイン・ヤンはキツイから、少人数だと無理かなーと思っていたら、なんとまぁあっさり(もちろん被害甚大ですが)撃破成功。
正直ここまでやるとは思っていなかったので、ビックリ。







さすがに闇王には一蹴されましたけどね(笑
少人数でも倒せる方法を模索していかないと倒すのは厳しいですかね。
メインでもまだ討伐してないからなー。
人数いれば速攻で沈める方法もありそうですが・・・。
はてさて。





なにはともあれ、初めての裏ザルカで闇王まできちゃうあたりは「すごい」の一言でした。犠牲ありきの戦いなので囮役の方には申し訳ないって感じですが。






裏後は、ちーたんに誘われてのウルガランENM。
先にトリガの洞窟に到達していたアイさんに下からトラクタで引っ張ってもらう作戦であっという間にトリガ(σ´∀`)σゲッツ!!

運がよく晴れていてあっさりと滝洞窟を通過。
ツイているときゃツイてますね!!

この勢いでドロップも・・・!!!







・・・そこまでは甘くなかったようです(・ε・ )

また行きましょう!




ランキング登録中。ポチっとしてくれると喜びます!→ 
こっちもヨロシコ → 


スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

【2006/06/28】  この記事のURL | FF_裏 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<リンバス戦記(15)_アポリオンCN | メイン | 拳道(2)>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://sasanishiki.blog2.fc2.com/tb.php/315-72b83cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最果てにて君を待つ裏闇
AF取りを目的に少人数での突入を試みたのが丁度去年の今頃。当時は黒AFが欲しいと言うリーダー(現顧問)のワガママから端を発した身内デュナミス活動の延長でしかありませんでした。その後は本格的に攻略を開始。四国を中心に転戦する日々が続きます。四国攻略が安定す …
【2006/06/28 19:29】  蒼い炎の残り火 ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |