スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
また会う日まで・・!
私は過去を振り返るのは実はあんまり好きではないのです。
だってほら、いつまでもあのときこうすれば・・・なんて思ったって、
どうにもならないんだから。
だから、昔の事に関しても反省はしても後悔はしないがモットーです。
でも、楽しかったことや嬉しかったこととかは別ですよ。
辛かったり、苦しかったりしたことはサラリと忘れ、
楽しかった想い出はしっかりと胸に留めておく。




今日は少しだけ「楽しかったあの頃」を紐解いて見ましょうか・・・。



(※例によって音が出ます)





2003年1月22日
最初に貰ったパールは多くても6人くらい。
みんなPS組で私だけ飛びぬけてレベルが低く、会話にすらついていけなかったのです。
そんな中、ふとしたことで見つけた「PC版限定」リンクシェル。
早速管理人ラーシェル氏に連絡し、ドレッドさんに貰ったパールを付けたときの衝撃は今でもよく覚えています。
「人、多い!」
PC版からの人なので、私と同じようなレベルの人もいっぱいでした!


2003年1月30日
マウラでのパーティプレイが終わった私は、連絡船にその足で乗り込みセルビナへ。
そう、バルクルム砂丘でサポートジョブを取得するためのクエストアイテム取りを行っていたのです。
その中でトンボやカニをばしばし連れてきてはバタバタ倒す一際動きの素早い人がいました。
すごい!強い!
と、これが第一印象。
すごく丁寧で、そして親切だったその人こそがLS長フレナさんでした。



当時の私から見ればその強さは計り知れず、とても頼り甲斐がありました。

道に迷ったウィンダスミッション、ホルトト遺跡に助けに来てくれたこと。
種族装備で全然カギがでないと嘆いていたら、いつの間にか来てくれてサクっとカギを出してくれたこと。
古墳での赤AF取りでの大撤退劇。
リフレシュ取得のためのBCマンドラ戦のお手伝い。
赤の証取りのデルクフ、ウガレピの壷叩きのヘルプ。

などなど様々な場面に颯爽と現れ、シーフの凄さを私の心に焼き付けた人でもありました。
いつかは私もこの人みたいに強くなり、私みたいに何も分からない人のお手伝いをしたい!
そんな憧れの人でした。
追いかけても、追いかけても、けして追いつくことのできない背中。
まさにフレナさんはそんな感じの人でした。


確かに一時期、別の活動に没頭されていて、LSをほったらかしにしている時期もありました。
そのことで多少なりともLSに波紋を投げかけたということは確かなことですが、
それは個人の楽しみであって、そこまでの拘束義務はなかったはずですから。
実際青LS自体が、雑談系LSであって、企画系LSではなかったですからね。
別のパールで違うことをやっていても、ふと青LSをつけてみると、なじみの顔が気さくな会話を行っている。
そんな青LSがやはり私は好きでした。
落ち着ける故郷の家・・・みたいな感じだったのでしょうかね。





いつまでも続くと思われた世界。


でも、昔馴染みが一人やめ、二人やめ。
そして遂にはフレナさんもこのヴァナディールを去る日が来てしまったのです。
最近少なくなってきたログイン回数。
やることがなくなってきたと、ポツリとつぶやいていたあのときから覚悟はしていましたが。
やはり実際に辞める、となると分かってはいても辛いですね。


私がまだまだレベル的にも若輩者だったころ。
果てしない高みにいた方々。

フレナさん
ムサシさん
ラーシェルさん
アレクサンドラさん
ヴァシュタールさん
ワシンさん
サエトさん
エスタさん

彼らの背中はもう決して抜けない背中になってしまいました。
最も抜くことは永遠にできなかったと思いますけどね。
ただ、共に歩むこともできなくなってしまったと思うと、
やはり何か寂しさを感じてしまいます。



最後のお祭り神印章99には日にちと時間の都合上、
参加できませんでした。残念。
でも正真正銘、最後のアイテムロット大会にはしっかりと参加できてよかったです。







後日、最終ログインの日。
念願だった名前入りのアイテムも作っていただきましたね。
勘違いで予定していたアイテムを渡せなくてごめんなさい。






まぁ、それも愛嬌ってことで・・・。最後の最後までいじられちゃいましたね(笑
でも、もういじってもらうのも最後と思うと、すごくすごく寂しく感じてしまいました。









今まで本当にありがとうございました!
またどこかで会える日を願って!!

















当時の私はレベルが30になり、やっと60まで半分来たという達成感と、
まだまだ60まで半分あるという事態に愕然としており、
メインであった赤魔道士は一次休憩をして、
色々なExジョブに手を出したりする日々が続いていました。

折りしも、そんなマッタリとした時間の中で某ガルカな人の企画で
「LV1でジュノまでマラソン大会」がひっそりと開催。
参加者も6人と少なかったこの地味イベント。
でも、実はそれがある人との始まりのようなものでした。

ゴール間際の一対一の二位争いのデッドヒート。
私のほうが僅かに早くにジュノイン!・・・だと思ったのですが、
激しく争っていた方もどうやら自分のほうが早くインされたと思っていたようで。
当時の私は私の目から見えるものがすべてでした。
回線の速さによっては、多少PCが前後して見えるということを知らなかったのです。

多分私のほうが早かった!

まだ若く(そこ、指摘しない!)血気盛んだった私は自分の主張を曲げませんでした。
今思うとなんて大人気ないんでしょうね。
そして主催の某ガルカさんからの提案で同着二位という扱いになりました。
この後、どれがけ恥ずかしかったか・・・。

このときに二位争いをした人こそ、後に散々助けてもらうことになるKanchuさんでした。



Kanchuさんは私より以前に青LSに入隊されていた白魔道士さんです。
レベルもランクも私より高く、色々なことをよく知っていて、またウィンダス連邦の先輩でもありました。
まさにLSの知恵袋といった感じで、兎に角、何をやるにしても的確な作戦や、指示。
ラーシェルさん共々、LSの守護神的な存在だったのがとても印象に残っています。
私はというと、本当に助けられてばっかり。
テレポの依頼から始まって・・・

はじめてのバトルサークル、ランク2の最後の山場のドラゴン戦。
カンさん主催、深夜のホルトト遺跡「解答用紙」大暴れツアー。
ランク3共通ミッション、デルクフの塔の調査。合言葉は「ムサシより先に敵を叩け!」
思い立ったが吉日、深夜のダヴォイへ貯蔵庫を探せ!!
限界を突破せよ!悪夢の粘菌、パピルス取り。
ついに対決!闇王討伐隊!!
誘われないときはソロムグだ!コカ狩りばんじゃい。
ランクよりも金よこせ。
  ウィンダスミッション6-2聖者の招待。
  ウィンダスミッション7-1トライマライ水路。
  サンドリアミッション7-2オーク退治。
ウメキヨさん、AFをください。オズでの勝負の30分。
脅威の性能、ワーロクシャポー。
一日の〆は召喚戦で!1万Gごっちゃんです。
いやならいやめてもいいんじゃよ?赤の証はツボツボツボ!
緊急指令、空蝉弐をイモムシからGETだ!断食イモムシ。
さらばジラート、その幻影を打ち砕け!最後のミッション。
金庫がヤバイ。マネキン求めて20BC巡り。
etc...etc...


細かいことを上げれば本当キリはないですが。
一つだけ言えること。
カンさんいなければ赤としての今の私はなかったなぁ・・・
ということです。本当に感謝です。






そして一月の最後の日曜日。
結局ほとんど恩を返さないうちにお別れとなってしまいましたね。
ある時期からやることがなくなってしまい、ほとんどログインすることがなくても、
メッセで呼びつけ、マネキン取りのお手伝いとかしてもらったり。
本当に感謝してもし足りないくらいです。



私が無理矢理お願いをして記念撮影に選んだ場所。
カンさんといえば闇エレハンターってイメージがあったので。











そして最後の場所はやっぱり、星降りの丘。

くしくも、ノヤさんが落ちた場所。
またこの場所で一人の大切な仲間の旅立ちを見送る。









あなたがいなくてもヴァナディールの時は動きます。
あなたがいなくても日常は多分何も変りません。
でも、あなたがいないと私はすごく寂しいです。





















(´-ω-`)ノヴぉ

馴染みの深かったこの挨拶ももう聞くことはできない。







「それではさささんは監獄送りになりたいわけですね?」

ピリっとカラシのきいた独特の言葉をもう聞くことはできない。











たかがゲーム、されどゲーム。
オフラインゲームと違うオンラインゲームならではのこの「別れ」という儀式。
いつかはみんながいなくなってしまう、この仮想現実の世界。
それでも、思い出は残るもの。データの世界ではなく、私の心の中に。
残っている人たちの心の中に。


あなたと過ごした楽しい日々。


























古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた


 



いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ

 



晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの姿

 



思い出遠くあせても

 



おもかげ探して 

 



よみがえる日は 涙そうそう


 

 
















































フレナさん、カンチュウさん。

本当にありがとう、そしてお疲れ様でした。




                              ♪親愛なる友へ(ファイナルファンタジーV)
スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

【2006/02/04】  この記事のURL | FF | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<只今・・・浮気中? | メイン | 獣使いの可能性>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://sasanishiki.blog2.fc2.com/tb.php/232-1641eb5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ヴぁ(´-ω-`)ノですから!!
【2006/02/07 17:53】| URL | かん #-[ 編集] |  ▲ top


ギャース
【2006/02/11 04:33】| URL | ささにしき #qiZxG8oA[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。