ノーグが熱い!
こんばんは、ささにしきです。


メインページのほうの更新がすっかりおざなりになっちゃっているなーと思いつつ、やっぱり放置中ですwネタは溜まっているから練るだけなんですが、なんか最近はやっつけ仕事的になっちゃっていたので、ちっと気合を入れて作ろうかなぁ・・・なんて画策中。
ま、多分やっつけ的なものがでてくるとは思いますがw
近々更新すると思いますよ。

え?ダレも期待していないからどうでもいいって?w
そんなこと言わないで。一応メインなのですから。・゚・(ノД`)・゚・。




てことで、ノーグが熱いんですよ、奥さん。


まずは侍AFクエの2つめです。
なんか良くわかんないですが、怨念を沈めるための材料を確保するためにオンゾゾで鳥退治してこいってことです。結構めんどっちークエっぽいですね。早速オンゾゾに乗り込みますよ。
AFクエとはいっても所詮は60くらいの装備の敵。

75ソロなら余裕ダベってことで赤/忍でいざ勝負!!










このわけわからん物体は鳥の巣だったのですねww
シャクラミにもあったですよねぇ・・・あそこは骨の住処かw



んでこのウブメちゃん。
赤/忍で蝉回せば余裕でしょうと何も前知識無しで戦闘に突入したのですが、なんとこの鳥め。「魔物たちのララバイ」なーんて姑息な歌歌ってきやがりますよ。これいんは流石にベックラ。蝉があっちゅーまにはがされてしまいます。しかも、この鳥。攻撃力がえらい高くて、被ダメが大体80~100くらい。「たちララ」から回復するためにストンスキンは手動できらなきゃだし、蝉張ればすぐにはがされるし・・・ちょっと余裕出しすぎていたと後悔。

まぁ、この時点で「撤退」の文字もよぎったのですが、どうやらHPはそう高くない様子。まぁ、ゴリおしで何とかいけそうだったので続行ですよ。

そしてこの時点でやっと気がつきましたよ。ええ。





サイレス使えるじゃん




なんてバカちんなんでしょうね。
開幕「たちララ」でちょっと予定を狂わされたのでテンパっていたようですw

サイレス効いて蝉さえバッチリ張れればこっちのものデスよ!!!
















って、 トルネド ってなんですか?wwww























天候見るといつの間にか「風」だYO!!!
にしてもなんて間の悪い・・・・。
風エレが颯爽と参戦してきやがりましたよwww



まぁ、エレなんぞサイレス入れてスリプルで寝かしておきゃ対して害はないんですが・・・。ウザイことには変わりなし。この時点でウブメちゃんのHP残り約7割。コンバ未使用のMP残量200.HP600ちょい。
左手をデジョンカジェルに換装しようかとも思いましたが、まぁ、なんとかなるサで続行続行。



















にしてもこいつらウザイことウザイこと。

鳥はサイレス切れたら神の速さで「たちララ」してくるし
エレはスリプル切れたと思ったら隙をついてブリンクかけてくるし


あー、ここで転がるものネタ的にはいいかもなー
なんて思っていたのですが、残念。



なんとか勝っちゃいました。








エレメンタルは寝かし放置でさっさとデジョン。
結構ヒヤっとしましたよ。AF2クエとはいえ侮りがたしデスナ。





















で、もう一つノーグ。


新しく実装されたクエを行ってきました。
(といって夏頃かな?ヨクワカリマセンw)
まぁ、たまたま海蛇でLSメンに会ったら、一緒にどう?って言われてわけもわからず着いて行ったのですがね。

クエストの名前は「誓いの連鎖」。

まぁ、なんというかですね。
このクエ、イベントシーンも結構あったり、ストーリーも結構グっと来るものがあったりと、なかなかいい出来でしたよ。戦闘はタコと一戦あるのですが、ソロだとちょびっと辛いかも・・・って感じですね。








ヒゲが・・・ヒゲが・・・イカスのよ(*´д`*)



まぁ、報酬のライトバックラーはヘボヘボなのですがねw

久々にクエストをやりましたが、なかなかGoodなクエでした。
新実装でやってないものでもやるかなー・・・。
何かオススメありませんか?w








ガルは豪快でええのう・・・
スポンサーサイト
【2005/11/05】  この記事のURL | FF_クエスト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハイタワー | メイン | セルケティのばかん>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://sasanishiki.blog2.fc2.com/tb.php/205-b770f1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |