ようこそここへクックックック
こんばんは、ささにしきです。

一月七日は七草粥の日ですね。
これはそもそも、お正月で御節料理でタプタプになった
おなかを洗い流すっていう意味で食べるのですが、
そもそもは無病息災を願って七草粥を食べる行事なんですね。
この習慣は中国から伝わったものだそうで、
江戸時代には将軍家をはじめ一般家庭でも食べるようになったと
いわれています。

ちなみに1月7日は人日の節句ともいいます。
この人日の節句は、
江戸時代に定められた五つの節供のうちのひとつで、
1/7七草(人日)の節句
3/3桃(上巳)の節供
5/5端午の節供
7/7七夕の節句
9/9重陽の節供
のうちの一つですね。
1/7は文字通り人の日とされ、過去の1年の厄払いをして、
これから1年の無病息災と招福を祈願する日とされています。
節句の節は、時節の変わり目における行事の日をさし、
五節句は、中国暦(太陽太陰暦)でいう1年を二十四の筋目にわけた
「二十四節気」を補うものとして定められたものです。
他はゾロ目なのに一月だけ7日ってのもなんだか面白いですね。

春の七草っていうのは、地方によって多少違うみたいですが、
せり、なずな「ペンペン草」、ごぎょう(母子草)、はこべら、
ほとけのざ(おおばこ)、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)をさします。

平常の食生活に戻す区切りとして、また、お正月のごちそうやお酒で
疲れている胃腸を休ませることと、ビタミン豊富な青菜で栄養バランスを整える効果もあるんですね。

もっとも、最近は1/1からスーパーもやっていますから、
おせち料理だけって家はまずないですからねぇ。
胃ももたれることはないって感じですかね・・・。

これであなたもひとつ物知りになりましたね!
ではまた♪


スポンサーサイト
【2005/01/07】  この記事のURL | 無駄知識 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ほねほねーん | メイン | 製作マル秘話>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://sasanishiki.blog2.fc2.com/tb.php/10-6be974cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |